愛されクイーンプロデューサー蓮水の【大人の恋愛相談室】

大人の様々な複雑な恋愛・パートナーシップ・男性心理などの恋愛バイブル

【マインドセット】いつまでも自分が嫌いなのは、いつまでも自分と向き合わないから。

愛されクイーントータルプロデューサー

蓮水です^ ^

 


今日のお題はこちら↓↓

 


▼いつまでも自分が

嫌いなのは、

いつまでも自分と

向き合わないから。

 

 

f:id:ryonsu22:20180923121408j:image

 

 

生きてると楽しい事だけじゃなく

嫌だなー、辛いなー、悲しいなー

 


そんな瞬間は沢山ある。

 


嫌だなーって時や辛い時、

皆さまは、どう解釈して

 


結局、どんなオチを自分で

つけてる?

 


どんなオチをつけるか?は

個人の自由だし、

 


自分がそれで納得なら

 


どんなオチをつけたっていいし

 


個人の自由^ ^

 


ただ、蓮水が色々な人と

接してきて感じたり、

 


自分の今までの自分の生き方を

振り返った時、ちっぽけながら

 


学んだ事は。

 

 

 

辛いとき、悲しいとき、

納得いかないとき、嫌と感じるとき、

 


そんなネガティブにしか見えない

状況、体験をした時、

 


オチとして、

 


「貴重な体験だった」

「学びの体験だった」

「この辛い状況は正に考えるチャンス」

 


などなど。

 


上記のように捉えてたり、

 


その瞬間は、ネガティブになって

くよくよして立ち止まってしまった

としても、

 


その後に、

 


「あれは気づきのチャンスだったし

あの経験があったから今の私がいる」

 


自分でオチをつけれてる人は、

 


常に自分を前向きに

立て直しながら生きれてるなと

 


蓮水は感じる。

 

 

 

逆に、辛いから、悲しいから

嫌だから、現実を受け止めたくない、

からといって、

 

 

 

自分なりに振り返りもせず、

 


環境的に仕方ない

自分は不幸だから

親に恵まれてないから

自分は大したことないから

あの子みたいに恵まれてないから

 


などと、自分を見ない人というのは、

 

 

 

歳月と共に、

 


どんどん、自分を受け入れられず

どんどん、自分を自分で否定して

どんどん、他者とばかり比較して

どんどん、自分が嫌いになり

どんどん、生きづらくなる

 

 

 

そんな側面があるなというのが

蓮水の見解だったりする。

 

 

 

辛い経験は人によって

しにたいくらい、辛かったかも

しれない。

 

 

 

悲しい経験は、赤の他人に

自分の価値を認めてもらえないという

惨めになるくらい悲しかったかも

しれない。

 

 

 

痛い経験は、穴に入りたくなる

くらい、恥ずかしくなってしまうような

ヒリヒリに感じるほどのものだったかも

しれない。

 

 

 

でもそんな時くらいしか、

 


人って自分に対して真剣に

考えれないんじゃないかな?とも

 


蓮水は思うし

 


そうやって自分で自分を

励ましてきた部分があるから、

 


そう思うんだけどね^ ^

 

 

 

嫌な経験、辛い経験、

悲しい経験、恥ずかしい経験

 

 

 

そんな時ほど、自分がどんな奴か?

わかるし、そんなのいやだー!と

 


思ったら、次からは

 


どうやったら自分を成長させる事が

できるのか?を

 


自分なりに真面目に考えて

 


生活や日々に落とし込めば

いいんだとおもう。

 

 

 

それの繰り返しで

 


徐々に自分が成長できると

思うし、

 

 

 

少なくても蓮水は、

 


それを自分なりにだけど、

 


重ねてきて、

 


今がなんだかんだ幸せと

心から感じるから^ ^

 

 

 

クライアントさんを見てるとさ、

 


本当に思うんだけどね?

 

 

 

やばい蓮水でもこんなに人生と

自分を楽しめるようになったから、

 

 

 

どんな女性もたやすく

出来ちゃうんだと思う^ ^

 

 

f:id:ryonsu22:20180923121630j:image

 

 


いつまでも自分嫌いなのは、

自分と向き合おうとしてないから。

 

 

自分を見ないから。

 

 

自分が嫌いだから見ないんじゃなく、

自分を見ないから、嫌いになると、

 

 

 

今日はお伝えするね^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2017 hasumi